Switched-On

リンク
yo3's room ver 2.9
スケーターyo3のブログ

Melogress
Melogressのブログ

Edisel Music Web Site!!
Saifa氏の笑えるブログ

Etsu_N/音楽の力
ギタリストは静かに語る

Taku_M/ギタリストの日々
魂を奏でるギタリスト

Charlie氏/心凪ぐ時
ヴォーカリストを撃つな!

永遠の歌を求めて
シンガー/TOMOKOさん

キボリスタジオ
マスタリング/いつもお世話になってます!

the end of eternity
muzie/音楽が聴けます!
最新のコメント
ローゼンシュヴェルト
by 管理人メモ at 22:28
ローズさん遅くなりました..
by end_of_eternity at 22:56
ですねー、、数年前に、岡..
by ローズ at 15:50
>ふみえさん 追記です..
by 管理人 at 19:34
>ふみえさん コメント..
by 管理人 at 19:10
なんか、引っ越し以来、音..
by ふみえ at 16:30
いえいえwww
by end_of_eternity at 20:23
ライフログ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

団鬼六さん

おはようございます。


話題:団鬼六さん


団鬼六さんと言えば、言わずと知れたエロ小説の大家だ。

が、二十代の終わり、ある女にすすめられて読んだ、『真剣師小池重明』でイメージががらりと変わった。

真剣師とは、『賭け将棋』の棋師の事であり、競馬馬のように、双方に乗り手がついて博打が成り立つ。実在し、『新宿の殺し屋』の異名をとった棋師の、破天荒な生涯を小説化したものだ。

他にも短編の、『駒くじ』、やはり将棋を取り込んだ幕末の話しなんだが、これがまた面白い。

粋人。こじゃれた人間とは都会生まれの人の事でなくて、都会の水で洗われた田舎の人がなるもんだと、この人の本で読んで関心させられた。

話をそらすと、東京生まれの池波正太郎さんが食のイメージで、『蕎麦』なのに対し、鹿児島生まれの団鬼六さんは何故か、『吉野屋』である。

なんでも牛皿で日本酒をやるのが好きらしい。

オススメはエッセイだ。『牡丹』、『アナコンダ』の他にも何冊かある。夜中に部屋で逃げ出したニシキヘビと対決する、嘘か本当か疑うようなエピソード満載で、読む人を飽きさせない。

もちろんエッチな話もね。

.....、

この人の、売れ筋の方を読んでしまって、そっちの住人にならないように(w!!!。
[PR]

by end_of_eternity | 2006-07-16 08:33 | Comments(0)
<< 金銭感覚 歯医者/提案! >>