Switched-On


我的人生日常
by end_of_eternity
リンク
yo3's room ver 2.9
スケーターyo3のブログ

Melogress
Melogressのブログ

Edisel Music Web Site!!
Saifa氏の笑えるブログ

Etsu_N/音楽の力
ギタリストは静かに語る

Taku_M/ギタリストの日々
魂を奏でるギタリスト

Charlie氏/心凪ぐ時
ヴォーカリストを撃つな!

永遠の歌を求めて
シンガー/TOMOKOさん

キボリスタジオ
マスタリング/いつもお世話になってます!

the end of eternity
muzie/音楽が聴けます!
最新のコメント
ローゼンシュヴェルト
by 管理人メモ at 22:28
ローズさん遅くなりました..
by end_of_eternity at 22:56
ですねー、、数年前に、岡..
by ローズ at 15:50
>ふみえさん 追記です..
by 管理人 at 19:34
>ふみえさん コメント..
by 管理人 at 19:10
なんか、引っ越し以来、音..
by ふみえ at 16:30
いえいえwww
by end_of_eternity at 20:23
ライフログ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秀吉と三成

なにも予定の入っていない週末です。いいね。

おはようございます。

話題:秀吉と三成

岐阜から滋賀に入る。関ヶ原から伊吹山をかすめ、佐和山のトンネルを抜けて彦根市へ。街の中心にある彦根山とは別に、こちら佐和山にもかつては城があった。

彦根市。

彦根山と佐和山。城と城跡がある街。

当時の人達が中山道を抜けて京都を目指し、関ヶ原(関ってのは交通の行き止まり。難所)を越えて最初に見たのは、石田三成の佐和山城だった筈。

戦国期最大の関ヶ原合戦は『石田三成の乱』とも言われている。小さな戦力しか持たなかった三成が、上杉、毛利などの勢力を動かして徳川家康に挑んだ。

分かりやすく説明します。

豊臣商事の秀吉社長が亡くなりました。

社長には幼い子供がいました。まだ会社経営は無理です。社長の遺言で、信頼されていた若い経理部長の三成くんが、当面の切り盛りをする事になりました。

が、ほかの人達には無視出来ない人物がいます。大きな派閥を持った徳川専務でした。

徳川専務は裏で結託して三成くんを孤立させました。もともと仲が悪かった重役達も自分の側に取り込みます。また、三成くんはむずかしい性格なので、同期の人達にも嫌われていました。

三成くんはあせりました。

『このままでは会社が乗っ取られちゃう』

生きていた頃の社長は面倒見の良い人でした。故人から恩を受けた人達をまとめて、徳川専務にしかけた訳です。

ですが、みなさん出世競走を生き抜いたしたたか者です。

『やっぱこれからは徳川専務でしょ』

結果は御存知のとおりです。遠くにいた上杉専務の助力はとどかず、あてにしていた毛利常務の部下達にも裏切られ、三成くんはこてんぱんにやられて、会社は乗っ取られて徳川商事になりました。

徳川家康と石田三成の力関係は、たぶん25対1ぐらいだったと思います。

誰もがバカなヤツと思ったでしょう。

でも、秀吉が三成を若くして出世させたのは、彼の一途な性格を知っていて、自分の死後も裏切らないのを、見越していたからだと思います。彼は処刑される前に散々罵声をあびました。が、おそらく恥じ入る事なく受け入れて、死んだと思います。

司馬遼太郎さんの小説の結びに、

『あの男は成功したのだ。誰も恩というものを感じないのでは、世の中がおかしいのだ。あの男は人々にそれを教えたのだ』

云々となってます。

方々の資料で狭量な小人物と描かれている三成ですが、関ヶ原合戦でもっとも果敢な戦闘を見せたのが、最弱と呼ばれた石田三成隊だったそうです。

信頼がなければ部下達をまとめる事は出来ません。

家康は豊臣の影響力を消す為に、秀吉のお墓を壊したりしました。そして、三成の城だった佐和山城も徹底的に破壊して、かわりに向かい合う彦根山に城をもうけたのです。

こうして三成は、幕末に討幕のシンボルとしてかつぎ出されるまで、260年間の眠りにつきました。

国道も新幹線も佐和山の前を通って京都に抜けます。

現在も要所は佐和山の方なんですね。

佐和山の裏手にある『清涼寺』のタブの木です。
d0005683_2111526.jpg

徳川四傑の井伊家の菩提寺である清涼寺は、もともとは三成の家老の島左近屋敷だった。タブの木は樹齢500年を超えているから、三成もこの木を見ただろう。
[PR]

by end_of_eternity | 2005-06-24 21:18 | Comments(1)
Commented by 管理人 at 2005-06-25 14:36 x
>よく知ってるね。オレが日本中を旅した理由は、戦国期の資料集めだよ。まったく、変わり者だ(苦笑。
<< sk8とyo3 京都北山ぷらぷらりん! >>