Switched-On


我的人生日常
by end_of_eternity
リンク
yo3's room ver 2.9
スケーターyo3のブログ

Melogress
Melogressのブログ

Edisel Music Web Site!!
Saifa氏の笑えるブログ

Etsu_N/音楽の力
ギタリストは静かに語る

Taku_M/ギタリストの日々
魂を奏でるギタリスト

Charlie氏/心凪ぐ時
ヴォーカリストを撃つな!

永遠の歌を求めて
シンガー/TOMOKOさん

キボリスタジオ
マスタリング/いつもお世話になってます!

the end of eternity
muzie/音楽が聴けます!
最新のコメント
困難を乗り越えて、未来を..
by 管理人 at 00:16
>ふみえさん 追記です..
by 管理人 at 19:34
>ふみえさん コメント..
by 管理人 at 19:10
なんか、引っ越し以来、音..
by ふみえ at 16:30
いえいえwww
by end_of_eternity at 20:23
車! こちらもご愁傷様で..
by TOMOKO at 19:32
お気遣いありがとうござい..
by end_of_eternity at 21:25
ライフログ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


久々に新宿!

新宿。

田舎者のオレは、そこにいるだけで、大きくなれた気がした。

南口の改札を出て当時作っていたフラッグスを見ながらエスカレーターを降りて東口へ。ガラス張りのオブジェを初めて見たのは雪の日だった。スクールの場所を確かめに来たんだ、きっと。


d0005683_2313131.jpg

d0005683_2313130.jpg


富士銀行の脇の辻はよく覚えてる。地下鉄の階段に座って休んだりした。夜に同性愛者の友人、(打ち明けられたのはずっとあとでピンとこなかったw)に連れられて二町目方面に遊びに繰り出した。

下の画像はスクールに通った通り。散歩とか。授業までの時間つぶし。ピンク映画館とか楽器屋の景色が懐かしい。パチンコ屋はトイレでよく借りた。質屋でレビュートーメンの腕時計を羨ましげに見つめたり。今は持ってるけどね。あとはシャリオールとブライトリングを手に入れたい。未だにそう思ってるよ。


d0005683_2313159.jpg
d0005683_23185938.jpg


一年間通ったスクール。音楽理論はポピュラーだけど真剣にやった。学校の勉強は大嫌いだった。先生は吐き気がするほど嫌い。でも、自分から覚えたいと思ったものにはどん欲だった。音楽とスノーボードはけっこう認めてくれる人がいた。

ここから入った地下にマイシティのロッカールームがあった。もうオレには閉ざされたドア。守衛がいて汚らしい地下で畳が敷いてあった。


d0005683_23185981.jpg
d0005683_23185939.jpg


働いていた喫茶店。知ってる人はいないだろう。いつか入ってみたい。あと10年ぐらいしたら。


d0005683_23185927.jpg
d0005683_23185916.jpg


猥雑な街。路上のケンカ。いけないお薬、シ○ナーの売人。ヤクザ。同性愛者。風俗嬢。キャバ嬢。ホスト。キャッチ。AV関係者。ドロップアウトした人間の博覧会。

店長がテーブルの上にエロ本を開いて話してる男女の、女のほうを見たら写真のその人だったとか。ヤクザの襟首にホットミルクをこぼして怒られたけど、怒鳴り終えたら許してくれたとか。釘を打った角材を持ったままヤクザとコーヒーを飲みに来たホームレスとか、(昔に人をコ○した自慢話をしてましたwww)。今じゃ笑い話。

スカウトマンを観察してたら睨まれたりした。

怖い、怖い、街....、

でも、オレの人格形成には深く関わっている。ここにいなかったら、オレは以前の、今よりも、もっとヘタレのままだった。

あと、もう少し生きて、己を鍛えたいと思う。

了。

[PR]

by end_of_eternity | 2015-12-20 23:18 | Comments(0)

生きてた話w

実話なんですが、死んだ事になってた人が、生きてましたwww


退職して故郷で引っ込んださ○うさんは、社内に残っている人からメールの返信をもらえず、齢62歳にしていじけ、自らを死んじゃった事にしたのでありんす(泣w。メールで、『さ○うの親戚の者です。8月某日、さ○うま○じは帰らぬ旅に出ました....』と打ち、いっさいの連絡を断ち、それを真に受けた人が社内に広め、まんまと故人になったさ○うさん。

でも、寂しくて、会社の人からの電話に出てしまい、一ヶ月後にはよみがえったのですw。

オレと上司は半信半疑だったのですが、嘘のメールをもらったのは社内でも有名な、まあ、虚言癖のある年寄りなんですが、

『お前たちは腹黒い。だから信じられないんだ』

と、力説されて流言に力を貸してしまいました....orz、

ゲーテの格言で、晩年は気軽で気まぐれ、とありますが、まさにそんな感じです。

みなさん、ほんの些細な事で人は気分を害するものです。そして、物事はよく確認してから他人は話すようにしましょう。

教訓の多い事件でした。

ちゃん、ちゃん、

[PR]

by end_of_eternity | 2015-12-13 15:53 | Comments(0)