Switched-On


我的人生日常
by end_of_eternity
リンク
yo3's room ver 2.9
スケーターyo3のブログ

Melogress
Melogressのブログ

Edisel Music Web Site!!
Saifa氏の笑えるブログ

Etsu_N/音楽の力
ギタリストは静かに語る

Taku_M/ギタリストの日々
魂を奏でるギタリスト

Charlie氏/心凪ぐ時
ヴォーカリストを撃つな!

永遠の歌を求めて
シンガー/TOMOKOさん

キボリスタジオ
マスタリング/いつもお世話になってます!

the end of eternity
muzie/音楽が聴けます!
最新のコメント
困難を乗り越えて、未来を..
by 管理人 at 00:16
>ふみえさん 追記です..
by 管理人 at 19:34
>ふみえさん コメント..
by 管理人 at 19:10
なんか、引っ越し以来、音..
by ふみえ at 16:30
いえいえwww
by end_of_eternity at 20:23
車! こちらもご愁傷様で..
by TOMOKO at 19:32
お気遣いありがとうござい..
by end_of_eternity at 21:25
ライフログ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


スタイルをぶっ壊せ!

やっぱりyo3とTakuくんのブログはいいわ。

なんたって追求する人がみな同じようなルートをたどって壁にぶつかるがよくわかる。何かをやってぶち当たるのは、お世辞抜きですっごくいい事。


話題:スタイルをぶっ壊せ!


オレも常に考えている。この数年間つめて作曲、もとい音楽活動をしないのはぶっちゃけ、『飽きた』から。未発表の曲では18分に及ぶ組曲もある。つまり、

ーやり尽くしちゃった....、

んだよねw、オレ。

物事は、ちょっと前にも書いたんだけど、原点→進化→枝分かれ→原点否定→原点、となります。ギターならば6本の弦に、ピアノならば88の鍵盤に、音楽は音楽であるいじょう、『音階、ドレミファ....』に縛られてしまうんです。

どんなに工夫したってパターンには限りがある。

そこで思いつくのは、これは持論なんですが、『解釈』つまり、表現力です。同じフレーズでも弾く人によってかなり違いますよね。オーケストラも指揮者によって曲想は大きく変わります。テンポです。間です。抑揚です。

ドラムのハイハットを例に例えれば、チキ、チキ、と単純にリズムをきざんでますけど、終始あの音でスピード感とか曲のウネリをコントロールしてる部分ですよね。

シンプルだけど重要なところです。

....、

目に見える部分、分かりやすい部分を卒業したら、目に見えない部分を攻めてみよう。

そこからがプロフェッショナルの世界なんじゃないかな?。

オレが躊躇しているところだw。

これで〆。
[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-21 00:07 | Comments(2)

越後湯沢&上州ぷらぷらりん

先週、今週とスノーボードに行きました。越後湯沢ですね。

おはようございます。


話題:越後湯沢&上州ぷらぷらりん

d0005683_10535291.jpg

田代のロープウェーから登ってカグラまで。空も晴れていたのでテンションアップ↑。いちばん右端の人なんかТシャツでしょ。これが春のゲレンデですよ。楽し~。

それにしても外人が増えたな~。白人が多いね。

d0005683_10535254.jpg

なぜかレストハウスに鯉のぼりがあった。

雪質悪いけど、こってり滑って下界に降りまする~。

永井食堂でモツニを食べようと思ったけど閉まってた><。17号を赤城インターに向うか、渋川に向うか運命の分岐点。

d0005683_11231355.jpg

で、赤城インターに向うと、赤城山で桜が見れます。

適当に見つけたスーパー銭湯でスケートを見る。浅田真央ちゃんやったね!。

伊勢崎にあるラーメン屋、『常勝軒』の魂麺。

d0005683_10535310.jpg

すっごい!。

高さ30センチぐらい。でも、モヤシが崩れて食べにくいんだな~。

さって、GWは京都から大阪、出来れば中国地方まで足を伸ばしたいな。


【追記】


ロープウェーで降りているときに、眼下を熊が歩いていた。

冬眠から覚めてエサを求めていたのか、離れていても迫力はじゅうぶん伝わったよ。

オレ達は弱いな、きっと。人間は自然を克服してきた訳だけど、失った物の方が多いんじゃないかな。自然の中に行くといつも思うよ。

タフに生きなきゃね。
[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-19 10:53 | Comments(1)

Takuくんと/その2

つまらない話を書いたので、これでツーペー。

おはようございます。


話題:Takuくんと/その2


喫茶店で休んでいる時に、Takuくんがグラスを持ちながら、『ここに水がありますよね。日本だとこれを飲んでオナカをこわしたら、このお店の責任ですよね。でも、タイだと自分の責任なんです。なんでも自己責任』と言った。

これは難しいところだな。

オレは製造業に携わっているから、品物はパーフェクトな状態で届けなければと思う。

お国柄と言えばそれまでの話だ。

そしてブログにはこう書いてあった。

ーへんに勘ぐるなら信じたほうがいい....、

最高に難しい事だぜ、これって。疑うのは面倒クセぇとも思ってるらしいし。

とにかく大物だよw。Takuくんはオレを兄貴分と言ってくれるけど、物語があるとするならば主人公はキミで、オレは最後には乗り越えられてしまう、『壁』のような存在。

ポテンシャルは負けていないと思ってる。でも、まっすぐ進める純粋さは、オレには無い。

グレートな弟分か....、

だが、まだ終わらん。『壁』は往生際が悪いのさ。それと、画像借りたよ!。

d0005683_1949317.jpg

[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-16 19:12 | Comments(0)

人を信じるってどうなんだ?

車を修理に出したら、見積もりどころか2週間も放置されたので取り返してきた。

年式も走行距離もハンパじゃないので、手放すように説得されても仕方ないが、だったら預からなければいいと思う。

それに、車検証を無くしやがった。まいったねw。

参考に書いておくと車検書は陸運局で再発行してくれます。でも、平日にどうやって行けっての。

あと最近思い出してムカついてるのは、サイトを作った時の事なんだけど、あのバカタレも才能も努力も無しにIT社長になる妄想だけで金を巻き上げやがった。

『努力はしました』は、中学校2年生の倫理だな。責任も無し。

親切や友情を金に換えるのは最低だぜ。

とにかく信用を裏切るってのは良くない事だ。

あ~あ、人を信じるって、難しいな。
[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-16 19:11 | Comments(0)

Takuくんと

d0005683_1934547.jpg

年下に何かを教わるようになったら、もうアナタは若者ではない。その余裕も含めて。

おはようございます。


話題:Takuくんと


弟分と書くとはばかれる。

尊敬できる年下である彼は、"the end of eternity"の一翼であり、オレの曲には切りはなせない存在。

午後の1時半に待ち合わせして7時半まで話していた。およそ6時間。Takuくんはエネルギッシュで、音楽の他にもタイや中国を旅したときの話をユーモアをふくめて語ってくれた。

藤井フミヤ、Do As Infinity、Billy Sheehanなどの話もおもしろかったし。

もっとも興味をひいたのは、『マッサージ』と、『経営』の話だ。

出会ったばかりはやんちゃなギタリストだったが、今では自分のタイ式マッサージの店を経営している。

方向転換にしてもやる事がハンパじゃない。

いきなり外国に行って新しい事を学ぼうなんて、普通はやらないよなw。でも、やっちまった。

感謝している。だって、Takuくんがいなかったらオレの作品は形にならなかったし、その後のメンバーとの出会いも無かった筈。

でも、ミュージシャンとしてのキミも、やっぱり捨てがたいよ

まだ、まだ、オレたちは終われない。

次は仙台でね!。

ちぇけら。
[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-13 19:34 | Comments(0)

Galient/PANZER WORLD

いまから紹介する作品を見るなら、『ウォンテッド』をお勧めします。アンジェリーナ・ジョリー演じる暗殺者がオトコマエでちょ~かっちょいい!。

おはようございます。


話題:Galient/PANZER WORLD


d0005683_1320656.jpg

ある銀河、ある惑星でのお話。

産業革命いぜんのヨーロッパにも似た平和な世界で、機械仕掛けの巨人を操る侵略軍が王国を滅ぼした。民に愛された王様は殺されて、美しき王妃は冷凍保存され虜となった。

が、生まれたばかりの王子だけが、忠臣に連れられ逃げ延びた。

時は流れる。

成長して若者になった王子は、封じられた伝承の巨人兵器を見つけ出す。この世界での兵器はロストテクノロジーで発掘して使う。強いものほど固体が少ない。

散らばっていた家臣たちを集め、王子は祖国奪還に立ち上がる。

....、

と、書いてみましたが、低視聴率で打ち切りになった作品です。

仲間とライバルに鍛えられて育つ主人公。出渕裕さんの描く半獣人のロボット。砂漠に浮かぶ月。奇妙な生き物たち。

EUROXの曲といっしょに思い出すおとぎ話です。
[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-06 14:26 | Comments(0)

消費されない音楽たち

昨日は千葉県の柏市までコルベットを見に行きました。

こみこみ130万は趣味のお値段としたら高いねw。

おはようございます。


話題:消費されない音楽たち


スタンダードってのがありますよね。時代を超えるもの。

ロック&ポップスならビートルズは避けて通れないし、ハードロック&へヴィメタルならレッドツェッペリン、ディープパープル。JAZZだったらマイルス・デイビスとかかな。

ようは最初にやった人たちの音楽です。

二番煎じでもストーンズやイーグルスみたいに別なムーブメントを起こす場合がありますが。

クラシックの年表でロックを表すと、

原点→ロマン派(バッハ、ヴィバルディ)→ビートルズ
発展→技巧派(サラサーテ)→レッドツェッペリン、ディープパープル
枝分かれ→印象派(ラベル、ドビッシュー)→ピンクフロイド
更なる発展→超絶技巧派(リスト、パガニーニ)→イエス、EL&P、キングクリムゾン
原点否定→カオス状態(シェーンベルグ)→セックスピストルズ
原点回帰→新ロマン派(ベートーベン)→レニー・クラビッツ

後で少し訂正しますね。

さておき、ものごとは原点が出来ると、原点→発展させる→枝分かれして別な方向に進むか、更に発展させる→原点を否定する→やっぱり原点がだいじだよ!、となります。

消費されない音楽たちはこれの何処かに属して残って行きます。

2周目、3周目もあり。

無限に発展する事象はありません。原点がある以上は原点に縛られてしまうのです。永劫回帰かな?。

世の中のすべてにも言える事なので、簡単にでも覚えておいたほうがいいですよ。

よく聞くでしょ、『歴史は繰り返す』ってね。

では、
[PR]

by end_of_eternity | 2009-04-05 14:12 | Comments(0)